Page: 1/1   
新進気鋭の切子職人:三代目秀石 堀口徹氏
ここの所の更新内容が「品薄」「品切れ」といった内容が中心で、折角BLOGにまでアクセス頂いた皆様に申し訳ない!と思い、「Made in JAPANな逸品」という新カテゴリを作成しました。

このコーナーでは、自分が見て「すげぇ!」「欲しい!」「やられた!」と思ったMade in JAPANの素晴らしき技・プロダクト・作品・職人・作家を紹介していければと思います。不定期更新&完全個人的思い入れ企画で頑張ります。

記念すべき第1回目は、新進気鋭の江戸切子職人、堀口切子 三代目秀石 堀口徹さんです。
知り合って以来、同い年ということもあり、とても仲良くさせて頂いていますが、もはや友人というより完全にファンです。初めて作品を見た時、江戸切子職人として代々受け継がれた確かな技術はもちろん、そのずば抜けたデザインセンスとバランス感覚に鳥肌がたったのを今でも覚えています。

私の拙い文章でアレコレ説明するのも申し訳ないので・・・画像を拝借致しました。しばしご観覧ください。





いずれも伝統的な技法や意匠を踏襲しつつ、現代風にそして三代目秀石オリジナルテイストに仕上げており、革新的なイメージを感じられた方も多いのではないでしょうか?
伝統を踏まえた上で、独自の感性により、良いモノを積極的に取り入れ、天性のバランス感覚で定着させ、革新を持って「伝統」を進化させています。また、モノ造りに対する変態的にストイックな姿勢には、モノ造りに携わる身として、とても多くの刺激を受け続けています。

江戸切子は、美術工芸品ではなく江戸っ子の生活に根差し伝えられてきた「粋の文化」であると堀口氏は言います。そして、グラスに対しても、やりすぎず、普段使いしたい!と思えるシンプルなデザインを念頭に設計されています。

オンラインショップで「美しく粋な器」の数々をご覧頂けます。是非ご覧ください。

■堀口切子オンラインショップ
http://www.kiriko-shop.biz/

[朗報!] コンテンポラリーアートを扱う和田画廊(東京都中央区)にて、堀口氏も参加のグループ展が開催中です。是非、生で彼の美しき手仕事をご覧ください!

■The Art Show「日本」@和田画廊(東京都中央区八重洲)
開催日程:2010年8月3日(火)〜 9月16日(木)
※月曜日、8月8日〜15日は休廊
開催時間:午後1時〜7時

以上、「Made in JAPANな逸品」第1回でした。第2回目もお楽しみに!
| | 13:45 | comments(0) | - |

Category

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode