Entry: main  << >>
怪談ぐい呑み開発記 其ノ三
『本所七不思議―怪談ぐい呑み』開発記。三回目の更新です。

大きな進展がございますので、更新させて頂きます。

今回、この地に江戸時代から伝わる『本所七不思議』を題材に、新たな酒器を産み出すべく、鋭意企画に取り組んで参りましたが、監修者である東雅夫さんからのアドバイスにより、七つの怪異をグラスにサンドブラストで彫り込むのであれば、七人のアーティストさんに、依頼してみてはどうだろう?というこれまた「恐ろしく」ステキなアイデアを頂きまして、東さんが発起人をされている「ふるさと怪談トークライブ」でご縁のあったアーティストの方にお願いをさせて頂いた所、ご協力を賜ることが出来ました!!

参加アーティストの皆様をご紹介させて頂きます。
以下、東雅夫さん運営の怪談専門誌『幽』公式Twitter/@kwaidan_yooより引用させて頂きます。

怪談専門誌『幽』公式Twitter @kwaidan_yoo
宴の支度が調ったようなので、まずはこちらで速報させていただきます。墨田区錦糸の松徳硝子さんと小生がタッグを組んで企画進行中の「本所七不思議/怪談ぐい呑み」計画。七不思議ゆえ7種類の図案作成を御担当いただくのは、ふるさと怪談に御協力を賜った7人のアーティストの皆さんです。
その顔ぶれを芳名の五十音順に御紹介します。日本物怪観光の万有造形師・天野行雄さん、文豪怪談でもおなじみの版画家・金井田英津子さん、みちのくの妖怪日本画家・金子富之さん、今年も深川怪談で大活躍の化けもの人形師・北葛飾狸狐さん、金沢の妖怪大好き工芸家・北村紗希さん、幽艶耽美な作風でおなじみ、人気漫画家の波津彬子さん、てのひら怪談でも才腕をふるう造形作家・山下昇平さん……それぞれ全く異なる技法で、怪談妖怪造形に取り組んでいらっしゃる7人のアーティストが、花のお江戸とスカイツリーに所縁ある本所七不思議のぐい呑み図案を競作!
いやはや、発案者である小生自身が、あまりにもすんなりと、全員の皆さんに、ふたつ返事で御快諾を頂戴して、わくわくドキドキしている始末(笑)。松徳硝子の担当Sさんも腕まくりしています。今後も企画の進行に合わせて御報告して参りますので、何卒よろしく乞御期待であります。

***

うわぁぁあああ!スゴイ!スゴすぎる!ステキすぎます!小生も、企画者でありながら、仕上がりが楽しみで楽しみで、仕方がありません。担当Sとして、腕まくりどころか、張り切り過ぎて、腕、まくり過ぎて骨折してしまいそうな勢いです!!

企画も試作も快調!見て呑んで愉しめる最高の酒器にすべく、今日も企画と諸々の調整に奮闘しております!

本ブログでの開発記、惜しみなく開発段階から情報発信して参りますので、次回の更新をお楽しみに。
| | 13:14 | comments(0) | - |
Comment








Category

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode