Entry: main  << >>
手作りグラスができるまで

ガラスの原料は硅砂、ソーダ灰、石灰などです。クリスタルガラスは一般的に酸化鉛が含まれます。うすはりグラスは製造工程で発生する微量な鉛の水質汚染を考慮してバリウムを使用し鉛フリーを実現しました。

原料は約1400度で溶解され、真っ赤に溶けたアメ状のガラスとなります。グラスは卓越した技能を持つ現代の名工、東京マイスター及び江戸硝子伝統工芸士などにより全て手作りで制作されます。パイプに溶けたガラスを巻き取り金型で形を整えます。その後徐冷炉でゆっくりと冷まされたグラスは検査を通り、不要な部分を切り離します。切り口を研磨した後にバーナーで滑らかにし、再び検品されます。

品質には十分注意しておりますが原料を溶解する際に発生する微細な気泡などが混入している場合もございます。しかし、これこそが手作り硝子の証しです。ご使用にあたり問題はございません。

グラスを洗う時は、他の食器とは別にして中性洗剤などで優しく手洗いして下さい。研磨剤入りのスポンジ、クレンザー、金属たわしなどを使用しますと、ガラスに傷が付き破損の原因になりますので、ご使用にならないでください。指輪などでもグラスに傷が付く場合がありますのでご注意ください。食器洗浄器は機種により高温水でグラスが破損したり、洗剤(強アルカリ性)によってはグラスが曇る場合がありますのでご使用はお勧め致しかねます。グラスの内側を洗う際は、十分にご注意ください。内側から力を入れてひねり洗いしますと、破損して思わぬ怪我をする恐れがあります。柄付きのスポンジ等のご使用をお勧めします。

どうぞ末永くご愛用くださいませ。
| | 14:32 | comments(0) | - |
Comment








Category

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode